あなたがしてくれなくても|セックスレスを両視点から考えさせられる本
引用元:双葉社/著者:ハルノ晴
スポンサーリンク

大体のアラサー家庭では、多少なりともセックスレスって意識することあるんじゃないでしょうか?育児をしていたり、共働きだったり・・・家庭により様々な事情があるでしょうが、アラサー夫婦とセックスレスって切っても切れない関係ですよね。

セックスレス自体、あんまり周囲に相談できる話題でもないだろうしね・・・

めり子家では共働きなうえ元気すぎる男児がいるという状況で、多少なりともセックスレスに陥りやすい状況ではあると思うのですけど・・・、広告に釣られて読んでしまいました。

引用元:双葉社/著者:ハルノ晴

まず、不倫は嫌い!いわゆるNTRモノも大嫌い!というタイプの人間ですわたくしは。

ただこの「あなたがしてくれなくても」はセックスレス至る経緯、人間関係、セックスを拒否する理由、セックスがしたい理由など様々な角度から心理描写がされており、またそれがいちいち心に刺さるものだから、これなら不倫してしまうのも仕方ないかなぁと思ってしまいました。

主人公のみちは夫である陽一とセックスレスであることに悩んでいます。陽一の母から孫をせがまれても、みちが子どもが欲しいといってもセックスから逃げ続ける陽一。夫婦仲が悪いわけではないのに、なぜ・・・と悩むみち。そんな折、同じ会社の誠もセックスレスで悩んでいることを知り、お互いに悩みを分かち合ってしまって・・・という流れです。
ちなみに、現時点ではみちはまだ不倫には至っていません(この先どうなってしまうのか・・・!)。

というか、陽一にイラッとしすぎちゃう。みちの真剣に話し合おうという姿勢にも逃げの一手。あげくのはてに、職場で不倫・・・という、わりと最低にみえる男です。それでも好きで、夫婦関係修復しようとするみちが切ない。もう誠と幸せになっちゃいなさいよ!と個人的には思ってしまうわけですけども。

刺さる人には刺さるであろう「あなたがしてくれなくても」。セックスレスで悩んでいる方も、そうでない方もぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

余談ですが、コミック内に出てくる建物(みちと誠のデートの場所とか)にフクオカ人としては見覚えがありすぎる件。作者のハルノ晴さんはあとがきで地方在住って書かれてましたが、もしかして・・・?

スポンサーリンク