プラレールの飾り棚を作ってみたよ
スポンサーリンク

こんにちは、めり子です。

男兄弟がいない環境で生まれ育っためり子ですが、息子が生まれて無事人生初のプラレール沼にはまっております。
何かにつけ、プラレールを要求する息子氏・・・。クリスマスプレゼントやお正月のお年玉の使い道もプラレール関連・・・。

なぜかアンパンマンや特撮戦隊モノには見向きもせず・・・プラレール(新幹線)一直線なのです

溜まりに溜まったプラレールの車両を、どうにか見栄え良く!息子でも楽しんで片付けられるようにできないか!

あくまで見栄え良くというところを強調したいのですが、そんな決意をもってプラレールの飾り棚を作ってみました。例のように拙いDIY記事ですが、どなたかの参考になれば幸いです。

プラレール飾り棚製作のために用意したもの

  • 太めの木板
  • 細めの木板
  • 2x4の木材
  • 2x4の設置用アジャスター
  • 塗料、保護材
  • L字の金具、ネジ(写真撮るの忘れました・・・)

これらを、うまいこと組み合わせてプラレールの飾り棚を作っていきます。

スポンサーリンク

プラレール棚の作り方

まず、支柱となる2x4の木材を壁面に設置します。アジャスターの説明書には、実際の高さマイナス95mmの木材を準備するよう記載がありましたので、ホームセンターでサイズを調整しました。
手をケガしないようにやすりをかけて、設置しちゃいます。

このように、上下を2x4アジャスターでしっかり固定しておきます。これで支柱は終わり!かんたんです。
つぎに、プラレールの車両を置く土台を作ります。実際のプラレールのレールをそのまま置いてしまえばもっと楽だと思いますが、見栄えのため!木材を使って擬似レールを作りました。

太めの木材と細めの木材の長さをプラレール車両3両分より心持ち長いくらいの長さに調整して、木工用ボンドで固定します。そして、ケガをしないように全体的にやすりをかけます。それを飾りたいプラレールの車両数分作ります。

そして、L字金具で支柱に固定したり、なんやかんやありまして、完成!飾ってみるとSL車両がすごく映える感じですが、メリ子は700系推しです。トミカも車両の幅によっては飾れますよ!

ほんとは、もっと楽に作るつもりで市販されているプラレールの2倍直線レールに写真にある塗料を塗って板に固定しようと思ったのですが、なんとなく全部木材で作ってしまいました。ヤスリがけ面倒い!という方は、2倍直線レールを使うとちょうど良く作れると思うのでぜひ。

スポンサーリンク