Ping送信って結局のところ2017年もやっていいの?という話

どうも。SEO知識が2017年に追いつけていないメリ子です。

このブログを始めるにあたって、最低限のSEO対策はやっておこうと思いました。そんなにバリバリ意識するつもりはないけれど、全然人に見てもらえないのもつらいかなって思って。

出産にあたりWEBの世界から完全に隔離していたので、わたしの知識はペンギンとパンダが荒ぶっていたころで止まっていました。機械的に作られたページはNGとか、外部リンクSEOのスパム判定とか、その頃です。

titleとかaltとか、ライティング技術はとりあえず成長待ち(サイトの質の向上という意味)ってところで落ち着いていたのですが、ふと思い出したPING送信。完全に記憶から消えておりました!

そこで、Ping送信って2017年も、今後も有効なのか?って話です。

そもそも、Ping送信ってなんなのか?

ずっとピング送信って読んでたのですが、ピン送信のほうが有力なんですね!それはおいといて。

Ping送信とは、ブログだと記事投稿や更新をした際に、更新情報を集めているサーバーに通知する仕組みのことです。検索サイトへのインデックス登録や、外部リンク対策としても有効といわれています。

ブログサービスによっては、記事更新時に自動的にPing送信を行ってくれるものもありますし、サイト運営には必須ともいわれているので、ほとんどのサイトオーナーはPing送信しているでしょう。

PINGスパム判定とは

ペンギンアップデートで一躍有名になったブラックハットSEOですが、要は大量の質の悪い外部リンクがあるサイトは評価下げますよっていうものです。

一昔前は、サイトの質が悪くても被リンク数が多ければそれなりに検索順位出ていたので、低品質な被リンクSEO業者がわんさかいましたね!でも今は、それやると完全にアウトになってしまうのです。

Ping送信って、外部リンクを増やす役目もあるのですよ。ならば、PING送信やっちゃうとSEO的に逆効果なのでは?

あと、頻繁に記事をリライトしたり、Ping送信ツールを使って短時間に何度も送信しちゃうと、こんどはまた別のPINGスパムに認定されてしまう恐れもあります。が。

ならばやらなければいいジャン!とはなかなか出来ない、小心者メリ子なのです。

きちんと管理すれば、Ping送信はSEOの味方なのでは!

要は、「送信先を絞れば良い」「同記事で何度も送信しない」っていう2点を守れば、全然問題ないのでは?むしろやったほうが良いのでは?という結論に達しました。

送信先はネットせ探せばいくらでも出てきますが、情報が更新されずすでに廃止されているURLもたくさんあります。そんなところにはPing送信しないようにして、有効な送信先のみに限定する!廃止されたURLにPing送信し続けると、スパム扱いされてしまう可能性大のため、送信先は半年に1度くらいはチェックするようにします。

あと、Ping送信は記事投稿時に1度のみ。リライト時には送信しない!ということを心掛けようと思います。

よーしこれでどんどんアクセス集めちゃうぞー!(Ping送信にそこまでの力があるのかどうかはまた別の話である)