Colemanパーティースタッカーの保冷力を高めてみたよ!

どうも。意外にいじり好きなメリ子です。

この夏BBQや公園遊びに使っていたコールマンのパーティースタッカーですが、どうも保冷力に難アリな気がしないでもなく・・・。

夏も終わりかけなのに、思い切ってDIYやってみたので、簡単にレポートをば!

コールマンパーティスタッカー

これが今回改良したい、コールマンのパーティースタッカー。見たかんじの色や形は申し分なく良いのですが、保冷力の低さが欠点・・・というか、どうも気になる。

そこで、保冷力を高めるために一工夫するのです!

スタイロフォーム

まず用意したのは、スタイロフォームの薄い板。発泡スチロールに似ていますが、主に建築に使われる断熱材で、発泡スチロールより耐熱性が高く、水に強いという特性を持つ優れモノです。これは、ホームセンターなどで簡単に購入できます。

使った道具

使った道具は、定規とカッターとメジャーと、木工用のヤスリです。アナログばかりで、ひたすら手を動かします。

カッターで切る作業 カッターで切る作業

パーティスタッカーのサイズに合わせて、カッターで切っていきます。底になるほど狭くなっているので、容量をできるだけ確保できるよう側面部分は台形に切っていきます。

カッターで簡単に切れますし、細かなところはヤスリで削れるので、数ミリ大きめに切って調整するほうが良いかも。メリ子は小心者なので、ひたすらヤスリで削りました。

DIY終わり DIY終わり

そして、完成。

本当は接着剤で箱型に固定する予定でしたが、うまいことピッタリはまってしまったので、使わないときのことを考えて、はめ込むだけに留めることにしました。

改良以前は、猛暑の中氷を入れても1時間持たず溶けてしまっていたのが、改良後は長期残っていたため、成功だと思います!

いや、思いたい。