姫と魔法つかい|すごく綺麗なファンタジーTL作品だけど必ず性癖に刺さるはず!-TLネタバレ感想
引用元:メディアソフト/著者:ゆめきよ/姫と魔法つかい
この記事にはプロモーションが含まれています。
 

\⸜ 今一番おすすめの女性向けエロゲー ⸝/ おすすめの女性向けエロゲ|スリルインラブ~今日も違う誰かとキスをする~

姫と魔法つかいのあらすじ

かつて魔王との戦いで呪いをかけられ、兎に姿を変えられた大魔法使い・ゼノ。アイリス姫はそんなゼノにひそかに想いを寄せていた。

しかしアイリス姫の元に縁談が舞い込み、姫はついにゼノへ想いを伝える決意をする。突然の告白に戸惑いながらも、姫の本気に心動かされたゼノは「明日の夜、部屋に来るように」と伝えるが・・・。

約束の夜、そこで待っていたのは息をのむほど美しい青年で・・・!?

姫と魔法つかいの登場人物

  • アイリス(お姫様)
  • ゼノ(偉大な魔法使い)

姫と魔法つかいのネタバレ感想

魔法の存在する世界を舞台にしたファンタジー作品です。

姫と魔法使いの禁断の恋というだけでワクワクが止まらないのに、ヒーローがなんと兎という所がまた斬新。狼やライオンならなんとなくいそうな感じですが、可愛らしい兎というのはなかなか珍しい気がします!

呪いが解けた後のゼノ様も超美形で、まさに一粒で二度美味しい。中性的と言ってもいいくらいの整った顔立ちと、均整のとれた肉体・・・まさに芸術的!

腕の入れ墨や脇腹の傷の一つ一つにも物語がありそうで、このまま何時間でも眺めていたくなってしまいます。それだけじゃなく、丁寧な言葉遣いなのにふとした瞬間に出る一人称が「俺」なのもたまらない・・・!!

この滾る気持ちよ・・・伝われ・・・!

ヒロインのアイリス姫も、ほんわかとしていてとっても魅力的。ころころと変わる表情に思わず目を奪われます。髪を束ねた姿もお姫様らしくて素敵ですが、下ろした姿もまたイイ・・・!

大切に育てられたせいで性知識が全くないアイリス姫が初々しくて、ニヤニヤしつつも微笑ましい気持ちになります。そんなアイリス姫様にエッチな知識を教えるメイドのメルがまたいいキャラなんですよね・・・!

それにしても、今まで気持ちいいことを知らずに育ったお姫様が、初めての快感にとろけていく様というのはなんと素晴らしいものなのでしょうか・・・!些細なことかもしれませんが、エッチの時もフリルの付いたサイハイソックスを履いたままというのが非常に「わかってる感」があって個人的には高得点です。さすがはゆめきよ先生だと思いました。

ファンタジックな世界観で繰り広げられる大人のお伽噺、是非是非オススメの一作です!

 

姫と魔法つかいをネット最安値で読むには?

おすすめTL漫画|姫と魔法つかい

U-NEXTのサブスクでTL漫画の最新巻もお得に読める!

サブスク登録で毎月もらえるポイントを使えば、「姫と魔法つかい」の最新巻もすぐに読めちゃいます。
VODも見放題ということは、総合的にティーンズラブ漫画読者にとって一番お得ということでは!?
アニメも2.5次元作品もたくさん観れちゃうので、オタクは登録必須なのがU-NEXTです!

最大70%オフで漫画が読めるコミックシーモアがおすすめ!

コミックシーモアは新規ユーザーもリピーターもお得に使えるクーポンがたくさん配布されるので、最大70%オフという激安価格で漫画が読めちゃう。
ネットで漫画を読む人なら知らない人はいないだろう電子書籍業界最大手のコミックシーモアは、好きな漫画のジャンルを問わず楽しめます!
TL漫画の独占作品が多いのもコミックシーモアの強いところですね。

Renta!はレンタルサービスがめちゃくちゃ使える!

48時間レンタルで格安で漫画が読めちゃう神漫画サービスのRenta!。
読み切り作品が好きな人やあまり読み返さないタイプの人は、Renta!のレンタル活用でたくさんの漫画作品が読めちゃいます。
TL漫画はもちろん、ジャンル問わず漫画の作品数も膨大にあるので、Renta!はコスパ最高な電子書籍サービスですね!

まんが王国は最大80%オフでジャンル問わずマンガが読める!

TL漫画のみならず、少女漫画や少年漫画も、幅広いジャンルの漫画を読むならまんが王国がおすすめ。
お得爆発DAYを狙えば最大80%もの割引率!これはヤバイ。

 

姫と魔法つかいの作品情報

作品名 姫と魔法つかい
作者名 ゆめきよ
出版社 メディアソフト
雑誌・レーベル ラブキッシュ
ジャンル タトゥー ファンタジー 禁断・背徳 ドS

 

姫と魔法つかいを無料で読む方法

海賊版の漫画サイトを利用して漫画を読むことは違法です。
姫と魔法つかいは、無料で読むことはできません。
サンプルもたくさん読める正規の電子書籍サイトからの購入で、いちゃラブなTL作品本編を読みましょう!