おむつ用ゴミ箱はBOS防臭袋があれば完全に不要だった
スポンサーリンク

どうも、めり子です。
息子も完全におむつが外れ、いま落ち着いて思うこと・・・

おむつ用のゴミ箱ってやっぱりいらなかったな!

赤ちゃんが出来て出産育児準備に取り掛かると、めっちゃお金がかかります。
ベビーベッドや哺乳瓶消毒グッズとか抱っこ紐(スリング)とか、お出かけ用品も含めたら数えきれないくらい。その中でも、おむつ用ゴミ箱ってそこそこの値段がするんですよね。
おむつ用ゴミ箱は不要!っていう内容なので具体的な写真や商品名は出せないのですが、1つ1つおむつを個包装で捨てていく電動タイプのものや、電動消臭効果があるという大型タイプのものとかです。

まずどれも見た目が良くなくて、そもそも家に置きたくない!というのが根底にある

すぐ壊れる(詰まる)という先輩ママからの情報もあったので、めり子家では別の方法を使っておむつの処理をしていました。

おむつ処理にはBOS防臭袋が攻守ともに最強!

これですべてを賄えました!

わたしは息子が新生児のころからBOS防臭袋のSサイズを愛用していましたが、おしっこのときはBOS1枚におむつ2つ、うんちのときはBOS1枚におむつ1つ入れるペースで使っていました。
おむつを入れてきちんと結べば、匂いはまったく漏れません!

そのまま燃えるゴミとして処理できるので、ごみをため込む必要もなく衛生的でもあります。普通のビニール袋としてももちろん優秀なので、非常用として車に詰め込んだり、おむつを卒業したあとはサニタリー用品としても抜群の使い心地です。

わたしも、生ごみ処理用やサニタリー用品として継続して買い続けています!

バースディや西松屋などのベビー用品ストアでももちろん購入できますが、一番ベーシックなBOS防臭袋のSSもしくはSくらいしか置いてないことが多いです。BOSの公式サイトや楽天市場では、かわいいボックスや袋にプリントされたストライプシリーズやプレゼントセットもあって、より部屋に合うデザインが選択できます!

今からベビー用品を揃えようとしているプレママの方、ぜひ1回検討してみてくださいね。

スポンサーリンク