ヤクルト化粧品のリベシィホワイトを使ってみた感想

どうも、おおよそアラサーのメリ子です。アラウンドのどのへんかは、ともかく。

よく、「お肌の曲がり角」とか言われますが、具体的に何歳かっていうと個人差が大きく人によって25歳だったり30歳だったりするらしいです。
メリ子の場合、生まれた時からお肌はつねに曲がり角。基本は油ギッシュなのに、ちょっと油取り紙なんかをつかうとカッサカサになる混合肌タイプです。しかも、すぐに荒れる敏感肌でもあります。
思春期の頃はニキビだらけで、大人になれば治るんだ・・・!という期待も見事に裏切られました。

色々試した結果、「高級な基礎化粧品をちょびちょび使う」ことより、「プチプラ基礎化粧品をたっぷり使う」ほうが貧乏性なわたしとわたしの肌には合っていたようで、しばらくは落ち着いていたのですが・・・。

ここ最近、何やっても肌が大荒れ(アゴ部分の吹き出物、小鼻あたりの乾燥など)のため、心まで荒んでいたメリ子は、とうとう愛用の基礎化粧品大改革に臨んだのである!

リベシィ ホワイト

そして選んだのが、ヤクルト化粧品から販売されている「リベシィホワイト」なのです。即、サンプルをお取り寄せしました。

メリ子母が同じくヤクルト化粧品のREVECYシリーズを愛用していて、時おり貸してもらっていたときに、なんとなく肌の調子がいいなぁと思っていたのです。なので、同じヤクルト化粧品の中で、かつ、美白も欲しい!という欲張りメリ子は、このリベシィホワイトを試してみることにしたというわけです。

さっそく使ってみる。

とりあえず、すーっと馴染みの良いかんじ。オイル過多なわたしは、化粧水や乳液とかのベタベタする感じがすごく苦手だったのですが、これは肌に塗ってハンドプレスしていくとじんわり浸み込んでいくよう。メリ子のビニール肌にも負けず、最後まで肌に化粧水が浸透していってくれました。

乳液後でもベタベタせず、でもほっぺを押すとちゃんとエンジェルリングが出来る!これはいい。

で、個人的に一番気になるのがメイク乗り。肌の状態がオールウェイズ良くないメリ子にとって、メイクのノリ具合はどうしても気になるところ。なので次の日の朝、お化粧の時どきどきしながらいつも通りメイクを始めたのですが、クリームファンデがすっと塗れる・・・!いつも慎重にやらないとムラが激しいメリ子にとってこれは衝撃。
※決して使っているファンデメーカーが悪いというわけではなく、肌状態とメリ子の技術の問題です。

いつも通りの手順で、いつも通りの化粧品を使ってメイクして、いつも通り仕事をしても、帰宅したときに肌がべっとべとになっていませんでした。やはり、乳酸菌というものが私の肌に合っていたようなので、リピ確定です。

サンプル請求できるので、気になる方はぜひ!

スポンサーリンク